頭皮に施す薄毛対策|アミノ酸シャンプーの有効成分と特徴

健康的な髪の毛を取り戻す

ウーマン

白髪染めのためにヘアートリートメントをしようと考えている人は少なくありません。そこで問題となってくるのが、ヘアカラーとヘアマニキュア、どちらにするかです。どちらもヘアートリートメントという意味では同じですが、決定的に特徴が違うところがあります。それは脱色するかどうかです。ヘアカラーは脱色しますが、ヘアマニキュアは脱色しません。白髪染めなので基本的には脱色する必要はありませんが、ヘアカラーのほうが効果が長続きします。またしっかりと明るい色合いにするのに適しています。一方、ヘアマニキュアは髪の毛を傷めずに気軽に染めることができるメリットがあります。どちらのヘアートリートメントにするかは、それぞれの特徴を考えて選ぶことが大切です。

そもそも白髪は他の髪の毛よりもハリやコシがありません。そのため、最近では白髪染めのヘアートリートメントのなかには、弱った髪の毛をサポートするものも少なくありません。例えば、フコイダンが配合されているトリートメント商品もあります。鎖状の分子構造をしているフコイダンが髪の毛にコーティングされることで、失われたハリやコシを補ってくれるのです。ただ白髪染めするのではなく、健康的な髪の毛を手に入れたいと考える人は少なくありません。そのような方は、白髪染めに加えて別の機能のあるヘアトリートメントの商品を選ぶと効果的です。逆に2種類の商品を併用すると髪の毛に負担をかけることになるため、あまりオススメできません。